スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつから秋、だ?

私事
09 /22 2017
 いよいよお彼岸の季節を迎えたわけだ。
 今年の秋はいつ始まったのか、と考えてしまうような先月からの天気だった。その中で唯一正直だったのは、太陽の通り道なのだろうか。気付いてか気付かずか、いつの間にやら長い影が見受けられるようになった。よくよく考えてみると、半月ほど前は、わざわざ日陰を見つけて歩いていたような気がする。やはりそのときは、夏だったと認識すべきなのだろう。
 ときおり近所の神社の草むしりをするのだが、8月はその気にもならずにさぼっていたら、業者さんが入っていた。それはそれはきれいに刈り取られていたわけだが、ひと月ほどすると、ちらほらと雑草が新芽を出している。玉砂利でも敷くといいのだろうが、予算も経費も知らないので、口出しすらできない。月に2回は町会役員さんと会うので、するだけならしてもいいのだが。

 そんな秋口なのだが、なんとも体調が整わない。今週は吹き出物が顔にやたらとできる。この時は分かりやすくて好きだ。好きだというのはおかしいか、体調は悪いのだ。ただ気のせいではなく、昔からこうなった時には、体を休めたほうがいい時期である。若いころなら無理はできたが決まって寝込んだ。そのころなら一晩で回復できたのだろうが、今では自信がない。おかげでプールも行きそびれる。
 この夏、子どもたちはずいぶんと泳げるようになったようだ。泳ぎ方にも注意してほしいのは親の欲目か、下の子の年代にしては泳げるようになったほうと思う。もちろん比較はしていないが。そうすると、もう勝手に泳がせておいて、自分は自分で泳いでいたいと思うのだが、区民プールは名目上、それを許してはくれない。こっそりとそうしたいのだが、プールという特性上、そういうわけにもいかない。自分でおぼれたことこそないが、水というのは危険なこともある。まだまだ目を離せない。
 そうとはいえ、泳ぎたい自分にはストレスが多少たまる。体型が気になる時にはなおさらだ。子連れでなければ泳ぎたいだけ泳げるのに、と思いながらも、体型と体力の変わった今、情けないけれど泳げる距離はたやすく想像できる。そこで無理をすると、それこそおぼれる。力尽きた時におぼれるのだろうから、結果は推して知るべし… 想像したくもないのだ。
 体調が整い、時間を作って泳ぎに行きたいものだ。


自家焙煎ひつじ珈琲はブラジル・コロンビアを始め世界各国のおいしいcoffeeを扱っております。


当サイトのサポーターサイトです。面白動画 douga fan/腕時計/被リンク/●link/ご覧ください♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

めーすけ店長

橈骨神経麻痺以来、ご迷惑をかけ続けています。
ひつじcafe以来のお客様よりご注文を受け、都立家政・鷺宮地区をはじめとした中野区・練馬区・豊島区・新宿区に個人・お店のお客様向けに自家焙煎珈琲の配達をしています。
その他、出張抽出・珈琲教室を開催中。
詳細はメールにてお問い合わせください。
地域が離れる方、メールの注文が面倒だという方は下記をご利用ください。
自家焙煎ひつじcoffee webshop

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。