麦茶王日本一決定戦2016

私事
08 /18 2016
 急に暑い夏がやってきた今週、麦茶の消費が早く感じる。
 なぜ珈琲屋が麦茶かというと、手軽だからだ。

 手軽だからといっても、おいしくなくては楽しみではない。
 麦茶を飲むということも、一つの楽しみとしたいのだ。

 よくある、何故という質問に「どうしてペットボトルの麦茶は味が濃く、おいしいのか?」というものがあるが、残念ながら納得いく答えは得られなかった。しかし、市販の麦茶をおいしく入れてみることはそれを買えば可能だと考えた。ありがたいことにさほど高級なものではないのだが、なにせ一袋買うと15~30個はついてくるので、それはそれで消費することに時間がかかったことは事実である。まさか30個のパックを1パックだけ実験して、捨ててしまうことはできないケチなのだ。

 麦茶は専門ではない。しかし長らく飲んできたことは事実。
 
 近所の麦茶を買える店舗(コンビニは除く)からできる限りの商品を集めてとりあえず自分のお気に入りを探し出した。
 同じ条件で抽出し、一番おいしいと私が感じたもの。
 今年の麦茶王日本一は、
 
 「昔のむぎ茶」
 富士食糧株式会社


mugitya-ou-001

 ちなみに抽出方法は、少量のお湯でパックをポットの中で一分程度蒸らし、
 ポットを水で満たし、1時間でパックを引き上げる。
 ポットはだいたい1.2リットル。

 うちの子どもたちも、この麦茶を気に入ってくれている。嗜好が一緒だというのもうれしいものだ。

 

自家焙煎ひつじ珈琲はブラジル・コロンビアを始め世界各国のおいしいcoffeeを扱っております。


当サイトのサポーターサイトです。面白動画 douga fan/腕時計/被リンク/●link/ご覧ください♪

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

めーすけ店長

橈骨神経麻痺以来、ご迷惑をかけ続けています。
ひつじcafe以来のお客様よりご注文を受け、都立家政・鷺宮地区をはじめとした中野区・練馬区・豊島区・新宿区に個人・お店のお客様向けに自家焙煎珈琲の配達をしています。
その他、出張抽出・珈琲教室を開催中。
詳細はメールにてお問い合わせください。
地域が離れる方、メールの注文が面倒だという方は下記をご利用ください。
自家焙煎ひつじcoffee webshop