郵送サービスについて

仕事
09 /07 2015
 先日、愛用しているクリックポストで初めて支障が出た。理由はどうやら、カード決済のところでトラブルが出たということらしい。問い合わせをしたのだが、同様料金でのサービスが無かった(ようはクリックポストがかなり安価であることがこの事実からわかる)ことや、いったんシステムトラブルが発生した際、困ってしまうことを初めて自覚した。
 考えてみると、切手を張って、ポストに投函すると相手に届くという当たり前に思うサービスの素晴らしさを実感した。クレジットカードがからむと、便利ではあるのだが、目には見えない部分に力が加わると個人ではどうしようもできない負荷をかけられることにも恐ろしさを感じた。私なんかはいくつかの商品を発送するだけだから、仮に別料金を支払わなくてはならなかったとしても、大損失とはならないだろうが、大量の荷物を発送する企業にとっては大変だろうなぁ。人事だと思うと、気楽に思えるが、お客さんの側ではもっと切実だろう。今回の件は、2時間程度で復旧したらしいので、さりとて影響はなかったと思われるのだが、注文したはずなのに届かない! なんてことはやはり、怖いのだ。もちろん、この状況が長い時間続くようなら、メールでも電話でも、トラブルの旨、連絡するのだろうが、ものが届かないという事実には変わりはない。
 別サービスを探すも、なかなか、使い勝手が悪いのだ。どうしても大きなシステムがのしかかる。

  店舗を止めて以来、お客さんのところに配達に行くことを続けている。配達できる範囲は限られるけれど(中野区、練馬区、新宿区、豊島区、のそれぞれ一部)、顔を見ての話ができるのはうれしいのだ。また、たとえば雨の時などは、こんな雨の中、明日でもいいのに、なんて言われるとうれしくなるし、晴れていれば時間を気にしながらも寄り道できることも楽しみだったりする。地域掲示板を見る私の趣味にも最適なのだ。無理をしないと楽しさがあるが、大がかりになれば、無理なのだろうなぁ。

 信書など個人向けサービスは無料もしくは格安にして、業界からは高く取る、なんていうと経済界から嫌われるんだろうな。

 この内容で「送料無料」のバナーはなしだよなぁ。






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

めーすけ店長

橈骨神経麻痺以来、ご迷惑をかけ続けています。
ひつじcafe以来のお客様よりご注文を受け、都立家政・鷺宮地区をはじめとした中野区・練馬区・豊島区・新宿区に個人・お店のお客様向けに自家焙煎珈琲の配達をしています。
その他、出張抽出・珈琲教室を開催中。
詳細はメールにてお問い合わせください。
地域が離れる方、メールの注文が面倒だという方は下記をご利用ください。
自家焙煎ひつじcoffee webshop