「珈琲をよく飲む人、死亡危険性低い」という記事を見たよ。

焙煎
05 /08 2015
 焙煎も終わり、夕方新聞を見ていると、


<死亡危険性>緑茶やコーヒーよく飲む人 1〜4割低い

毎日新聞5月7日(木)16時0分

 日本人の成人約9万人の平均19年間の追跡調査で、緑茶やコーヒーを毎日よく飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて心臓や脳血管の病気で死亡する危険性が1〜4割程度低かったとの研究結果を、国立がん研究センターと東京大のチームが7日発表した。含有する成分の血圧調整などの効果が影響している可能性があるという。

 対象は10都府県に住む40〜69歳の男女計約9万人。1990年以降の調査期間中に1万2874人が死亡し、死因と生活習慣との関連を調べた。

 その結果、緑茶を「1日5杯以上飲む」と答えた男性が期間中に亡くなる危険性は、1日1杯未満の男性より13%下がった。死因別では▽心疾患で13%▽脳血管疾患で24%▽呼吸器疾患で45%−−低くなった。女性も心疾患で37%、脳血管疾患と呼吸器疾患で各13%下がり、全体の死亡リスクは17%低かった。

 コーヒーを「1日3〜4杯飲む」と答えた人の死亡の危険性も、ほとんど飲まない人より24%低くなった。死因別では▽心疾患で36%▽脳血管疾患で43%▽呼吸器疾患で40%−−低かった。

 チームの井上真奈美・東京大特任教授(がん疫学)によると、緑茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるクロロゲン酸には血圧調整の効果、カフェインには血管保護や気管支拡張などの効果があるという。【阿部周一】

 最近、珈琲にまつわる健康への好影響が多々発表されていて喜ばしい限りである。研究はまだ始まったばかりで、あくまでも「傾向がある」ということで具体的な影響や作用している物質の特定といった点ではこれから先なのだろうが、さらに進んでほしい研究分野である。できれば私の頭でも理解できるよう、図解もしていただけるとありがたいのだ。

 前半はすべて引用記事なので、出典はこちら
http://news.biglobe.ne.jp/domestic/0507/mai_150507_8143901904.html

(毎日新聞で見たのだから、そのページを引用すべきなのだが、詳細を開くところになると会員情報提示を求められるので、確実性を優先しました)


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

めーすけ店長

橈骨神経麻痺以来、ご迷惑をかけ続けています。
ひつじcafe以来のお客様よりご注文を受け、都立家政・鷺宮地区をはじめとした中野区・練馬区・豊島区・新宿区に個人・お店のお客様向けに自家焙煎珈琲の配達をしています。
その他、出張抽出・珈琲教室を開催中。
詳細はメールにてお問い合わせください。
地域が離れる方、メールの注文が面倒だという方は下記をご利用ください。
自家焙煎ひつじcoffee webshop