電話、出んわ。

私事
03 /31 2015
 いつからということもなく、電話が苦手である。

 どちらかというと、こちらからかける電話のほうが苦手であって、かかってくる電話はさほど苦手ではない。強いて言えば、モノによっては嫌なだけで、話す行為そのものは必ずしも苦手ではない。しかし、かけるのは苦手である。多分自分の会話能力がさほど高くないことが最大の要因かとは思うのだが、電話は話す言葉という運動神経を持ったものであって、整える場所が少ないものであり、そこのところの運動神経が私はちょっと悪いようなのだ。
 焦って焦って、つまるところ、イライラして自分から問い合わせたくせに、「整理してまたかけなおします!」と電話を切ったことがこれまでに何回あったことだろう。ちなみに、電話を切るという表現は個人的にはあまり好きではなく、受話器を置くとしたかったのだが、「電話」自体が携帯電話が主流(今ではスマートホンとやらなのか)になって以来、あまり使われなくなってきたことが少しさみしいような気がする。そのうち、若い子らに「置いても電話は勝手に切れませんよ」などと言われて「切れる」中年になってしまいそうだ。

 そんなこんなで、あるサービスセンターに問い合わせをしたが、最低限の確認だけかろうじてできたようであるが、本来したかったことはわずかしかできず、受話器を置いてしまって、また深く反省。
 こういう頭のままで急いで次のこと、次のことと繰り返し、バタバタと買い物に出てみると、店の前まで来て財布を忘れたことに気がついて、一路帰途。文字通りのサザエさんである。サザエさんとは違って(?)、愉快なわけではないのだが、不思議と、こういったときはイライラとはしないものだ。もちろん、自分の馬鹿さ加減を認めざるを得ないことはあるわけだが、かなりの部分「俺ってこういう奴」という、開き直りもあるのだ。
 
 とどのつまり、せっかちで無駄な行動が多いということなのだろう。ため息である。
 随分な強風、桜の心配どころか家庭での洗濯ものも飛び散りそうです。家にいる方はお早めに取り込みましょう。


 こんな日には、あまり刺激物をとらずに↓




当サイトのサポーターサイトです。面白動画 douga fan/腕時計/被リンク/●link/ご覧ください♪


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

めーすけ店長

橈骨神経麻痺以来、ご迷惑をかけ続けています。
ひつじcafe以来のお客様よりご注文を受け、都立家政・鷺宮地区をはじめとした中野区・練馬区・豊島区・新宿区に個人・お店のお客様向けに自家焙煎珈琲の配達をしています。
その他、出張抽出・珈琲教室を開催中。
詳細はメールにてお問い合わせください。
地域が離れる方、メールの注文が面倒だという方は下記をご利用ください。
自家焙煎ひつじcoffee webshop